「カバーステッチミシンの使い方」動画をアップしました

カバーステッチミシンの使い方

百聞は一見にしかず動画シリーズ第二弾!!

…という事で、カバーステッチミシンの使い方動画をアップしました♪

Tシャツの袖口や裾によく用いられる《カバーステッチ》

この動画では、「ふらっとろっく」を使って、カバーステッチミシンの使い方を字幕説明付きでご紹介しています。

ミシンの使い方だけではなく、アイロンでの前準備や糸始末まで、袖口や裾を作る工程がひと通りわかるようになっています。

わからない部分を繰り返し観ながらコツを掴んでいってください^^

0:00~ 前準備(折り上げアイロン)

2:07〜 ミシンで実践(カバーステッチミシン)

3:34〜 糸始末・完成

ものづくりのご参考にどうぞご活用ください^^

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. d より:

    動画、参考になりました。ありがとうございました。
    私はJUKIのカパステでバインダーを無理やり使おうとしています(笑)
    そちらの記事も大変参考になりました。
    さて、
    かぎ針は何号をお使いですか?
    よろしかったら教えてください。

    • pocomarie より:

      dさま

      動画やブログをご覧いただき、またコメントいただきありがとうございます^^
      返信が遅くなってしまい大変申し訳ありません!!

      ミシンの件、お役に立てたようでとてもうれしいです^^

      かぎ針の号数ですが、普段(動画でも使用)は6号(1mm)を使用しています。
      細いので小回りがきいて使いやすいですが、たまに生地に刺さる事があります。
      これ以上細くなると頻繁に刺さりそうです^^;
      ちなみに糸の太さは#60を使用しています。

      試しに家に有った4号(1.25mm)も使用してみましたら、少し縫い目が広がる感じもありますが、生地に穴を開けてしまう事は無さそうです。
      0.25mmの違いでも使用感が全然違いますね。

      ですので、4〜6号がおすすめです^^